リクナビネクストの求人掲載の費用は?

あなたは、求人費用を気にしたことがありますか?

あまり気にしたことがない人のために参考までに紹介します。

リクナビでは、全国で通常募集すると平均で12万円ほどの掲載費用が掛かってきます。

今回は、費用の使う理由や転職の参考になる情報を紹介します。

リクナビとリクナビネクストの違いとは

リクナビとは、新卒の学生を対象にした求人のことです。

リクナビネクストというのは、社会人や経験者つまり転職者が使う求人のことです。

求人掲載には、費用が掛かりますがそれは、企業の狙いは少しでも優秀な人材を取りたいがためにかかります。

なぜなら、ハローワークに出すことで、費用をかけずに求人を掲載することもできます。

しかし、ご存知かもしれませんが、ハローワークの求人だとブラック企業も紛れ込んでいたりして、現状です。

だからこそ、優秀な人材を確保するためには、費用が掛かってもいいから、有料の求人サイトに出すのです。

では、どれくらいの費用が掛かると思いますか?

求人掲載の費用は

費用は、求職者にお金がかかることは一切ありません。

しかし、紹介するくらいの費用が掛かっているから、求職者に求める経験やスキルも高くなるということを理解してもらいたいのです。

今回は、リクナビネクス2週間の費用が多く載っていましたので紹介していきます。

地域によっても多少の費用の違いが出るようです。

全国で通常に募集すると2週間で18万円です。

関東、東海地方では13万円~

そのほかの地方は12万円~から受け付けているようです。

ただし、この2週間の間に1名も採用されなかった、または採用できる見込みがつかない場合は、無料でもう2週間延長することが可能なようです。

いずれにしても、これだけの費用が掛かるので、企業もそれだけ見合った人材を確保したいのです。

そのためにも、書類や面接であなたのアピールをして、欲しいと思ってもらう必要があります。

さらには、業界によって受け入れる割合にも違いがあります。

どこの業界が多い

上位から見ていくと飲食店・宿泊・娯楽などのサービスが16%、不動産・建築関係も16%、医薬品・医療機器などのメーカ品が11%となっています。

こう見てみると、人材不足になっている業界ほど求人を出している傾向になります。

だからといって、すぐに就職できるわけではありませんが、自己PRやあなたの経験や資格を評価してもらえると、比較的転職できやすいといえるかもしれません。

さらには、企業数によっても違いがあります。

11~50名は34%、51~100名は14%、10名以下も14%という結果が出ていて、100名以下の企業で6割の求人が出ていることが分かっています。

これらも参考に転職活動をしてみてくださいね。

まとめ

  1. リクナビネクストは、経験者や社会人経験がある転職者向けの求人
  2. 全国の通常募集する費用は12万円程度
  3. 飲食や宿泊などサービス業や、不動産、医薬品などの業界は人材不足
  4. 100名以下の企業が6割も求人を出している
tanabe Written by:

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です