リクナビの求人数はなんで多いの?

あなたは、リクナビを使っていますか?

リクナビは、転職サイトの中でも最大級の求人数です。

その理由は、一人一人に合わせた転職活動ができるからです。

今回は、リクナビの求人数の多さを理由から紐解いていきます。

リクナビの求人数は10万件

リクナビは正式には、リクナビNEXTと言います。

転職サービスの中でも、最大級となります。

誰もが知っていることで、知名度が高く転職サービスで検索すると、トップに表示されるので使われやすいのです。

なので安心して使えることも需要があるのです。

スタッフが企業様に直接会って、交渉して求人内容を作成するから優良企業が掲載できるのです。

また、掲載費用の高さもあります。

全国平均が2週間で18万円とちょっと高めになります。

それは、お金を出してまで優秀な人材を確保したいからできることなのです。

もちろん、交渉をしてブラック企業とスタッフが判断すれば、排除しているのです。

常に、スタッフによって悪質な求人を監視しているからこそ、安心して使えます。

ユーザに支持されていることで、求人数が多くなっているのです。

ちなみにリクナビ以外にも@typeやDODA。

他にもDYM就職などのサービスも有名です。

特に30代以降の方なら、評判のいいDYM就職はオススメなので、ぜひチェックしてみてください。

求人数が多い理由

ユーザにどんなことが支持されているのでしょうか?

まとめてみたので紹介していきます。

希望条件から探すことができる

求人数が多いだけではなく、とにかく探すやすいことがあります。

人それぞれに、休みが欲しい、高給料もらいたい、上場企業にいきたい、ブランクがあってもOKなど豊富な求人から自分に合う求人を探すことができるのです。

条件を絞っていっても、求人がなくならないようにどの角度からでも検索できる仕組みを取っています。

だから、希望通りに職種に就きやすくなるのです。

支援が手厚い

キャリアアドバイザーが、求人探し、履歴書・職務経歴書の書き方、面接対策までサポートしてくれます。

ですから、あなたのアピールポイントを最大限に発揮して転職に有利になります。

また、不安なことや分からないことがあっても相談できるので自信が出てきますね。

転職求人に絞っている

求人でよくあることが、求めていた人材と違うということです。

転職求人に絞ることで、転職と企業のマッチング率が高くなります。

さらには、スキルアップできる求人を早く探すことができます。

リクナビは、使うやすいところがユーザに選ばれているポイントです。

だから求人数が多くなっているのです。

うまく活用することで、満足のいく転職活動ができると思いますよ。

tanabe Written by:

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です