リクナビのweb履歴書を使ってみよう

あなたは、履歴書をちゃんとかけていますか?

内容があいまいだったり、伝わってないことで落とされることがあります。

履歴書は、あなたをアピールする武器になります。

今回は、履歴書を書く上でのポイントや注意点に迫っていきます。

履歴書に何を書くかが大事

履歴書は、あなたのことを面接官に知ってもらう大事な資料です。

面接官に伝わらなければ、書類選考で落とされてしまうので一つ一つの項目に慎重に書かなかればいけません。

せっかくあなたのアピールポイントを台無しにしないように気を付けるところを紹介していきます。

写真

写真は、履歴書を見た時に最初に目に入るところです。

ですので、スピード写真は安くて速いので使ってしまう人も多いです。

しかし、ブレたりピンとがあってなかったりしてうまく映らないことがあります。

お金はかかってしまいますが、スタジオ写真でプロの方に撮ってもらうことをオススメします。

その時に、スーツのしわはアイロンをかけて、髪を短くしたり・爪を切り・ひげをそるなど清潔にしましょう。

学歴

学歴は、一般的に中学校卒業から書きます。

学部まで正式名所で書くことに気を付けましょう。

面接官と学校が同じで話のタネになることがありますよ。

職歴

職歴は、あなたがこれまでに何をしてきたか分かるところです。

ですから、どこの部署でどんなことをしていたか短く簡潔に書きましょう。

また、アルバイトでも学歴と言えるのでできる書くことが大事です。

資格

資格が有れば、できる仕事が増えることができことがあります。

持っている資格は、関係ないと思っていても面接官が付いて来ることがあったり、何かに活かすことが出ると思ってもらえるかもしれません。

資格を取ることで、熱意ややる気を伝わりやすくなりますよ。

志望動機

ネットに転がっているような志望動機は、絶対やめましょう。

面接官には、すぐにばれてしまいます。

あなたが、何で選んだか、どんなことで貢献していけるのか具体的に書いていきましょう。

長所・特技

長所や特技は、あなたの強みです。

仕事にどうやって活かすことができるのかアピールできると、伝わりやすくなりますよ。

自己RR

自己PRは、あなたの強みが仕事にどうやって活かすことができるのか、アピールできるのか伝えましょう。

面接官も、あなたもどのようにポジションにおいて仕事させたらいいのかイメージしやすくなりますよ。

紹介したようなことを履歴書に書いていくことで、書類選考が上手くいきますよ。

リクナビのweb履歴書を使ってみよう

履歴書の様式にはいろいろあります。

例えば、志望動機を書くところが小さかったり、紹介したような項目がなかったりもします。

そうすると、あなたのアピールするところが少なくなっています。

リクナビのHPには、web履歴書がダウンロードできます。

アピールできるような、様式になっているのでぜひ使ってみてくださいね。

tanabe Written by:

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です