リクナビを使って自己分析をしてみよう

リクナビ診断とは

リクナビ診断とは、診断する人の行動や価値観から質問されて「あなたに合った仕事」をデータから導き出してもらえる自己分できるツールのことです。

一人一人に対して、仕事の向き不向きがあります。

例えば、よくしゃべるような人が、一人で黙々作業することが多い工場に勤めても、喋れないことが苦痛でストレスや疲れがたまっていってしまいます。

そのような人は、接客業や営業と言った仕事をしたほうがよさそうです。

まあ、仕事ができるかどうかは別にして、工場よりかはあっているよ言えそうです。

あるいは、高望みをしてできなさそうな仕事をすることもあります。

このように、仕事はたくさんありますが「自分に合っているかどうか」考えずにやってしまうと続かなくて辞めてしまうことが多いです。

仕事をしているなかで、合わない仕事をやっている人が多くいます。

せっかく就職したのに、辞めてしまうともったいないですよね。

そうなる前に、やるべきことが自己分析なのです。

自己分析が必要な理由

自己分析をする必要性は、具体的に二つに分けられます。

会社に入るために必要なこと

会社は、どのような人物が欲しいか違いがあります。

例えば、即戦力の人、人柄がいい人、気配りができる人・・・

どこに重点を置いて採用基準を決めているかを調べることが重要ですね。

分かることで、あなたが就職してやっていくことができるのかが見えてきますよ。

自分の良さを出すこと

自分自身の性格や長所、特徴を理解できていますか?

「自分には何ができて、どんなことが得意、どのように活かすことができいるのか」などを知っておくことが重要です。

面接官は、あなたとは初対面なわけで、知らない状態です。

あなたの良さを、面接ではアピールして知ってもらうことが大切なのです。

自分のことを理解しておかないと、面接で伝えることができなくなってしまいます。

自己分析をすることで、会社のこと自分のことを分かるので、面接で話すことができるわけです。

そのために、リクナビ診断から分かることは多くあります。

リクナビ診断からわかること

リクナビ診断からは、あなたの人物像や、特徴・性格などが分かります。

「自分のことが分かれば、どんな仕事に向いているか」ということが見えてきます。

さらには、能力を発揮することができるので、成長しやすくなり企業のためにも貢献することができますよ。

リクナビ診断は、サイトにアクセスして質問に答えていけば、診断してくれて自己分析ができます。

tanabe Written by:

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です